家族 内緒 借金

家族に内緒の借金をしてしまった。。。

誰にも話せない、1人で借金に悩む生活はもうイヤ、、、

いつ家族や会社にバレてしまうか、怖い、、、

家族に内緒のまま借金問題を相談したい、、、

 

 

つい増えてしまった多額の借金にて

 

どうしても家族に言いたくない、内緒にしておきたい、、、
秘密まま相談したい
と考るのは当然の心理です。

 

 

ここでは

  • 借金返済の基本知識
  • 相談段階から守秘義務の徹底された弁護士事務所を探す方法
  •  

について説明しています。

 

一般的な借金整理方法

 

まず知っておきたいことですが、
通常、借金を消すには以下の方法が必要になります。
>>任意整理
>>特定調停
>>個人民事再生
>>自己破産

 

 

ご自分にどういった返済計画が合っているのか?

 

これをキチンと把握しつつ進める事になります。

 

 

ですが、

 

 

通常、こういった問題を一般的な法律事務所などに相談すると、守秘義務はありますが、
ある一定の状況から、裁判所からの郵便物等で家族に内緒にできなくなるケースが多いのです。

 

 

家族との関係を壊さないように借金返済を行うのであれば、
徹底した守秘管理を行っている法律事務所へ相談する事が大切です。

 

家族に内緒のまま借金相談を続けられる法律事務所を探すなら

 

家族に内緒のまま借金相談したいのであれば

 

法律事務所へ
いきなりの直接相談も不安ですね。

 

 

まずは
法律事務所を探せる簡単なシステムを利用しましょう。

 

 

全国対応の「街角法律相談所シミュレーター」では、

 

 

ネットから簡単入力で
家族に内緒の借金を秘密にしたまま借金相談できる法律事務所
を探すことが出来ます。

 

 

まずは以下のシミュレーターから3つの質問に答え
ご自分の借金減債額や月々の返済額を確認します。
名前・住所などの個人データは一切必要ありません

 

 

匿名で診断できます>>>街角法律相談所のネット無料診断

 

基本的には
ご自身の現在の返済状況を確認する為のシミュレーターになりますが

 

その後、必要であれば
家族に内緒のまま借金相談をつづけられる法律事務所を紹介してもらえます。

 

 

家族に内緒で借金返済する事は可能です。

 

しかし、その為には
守秘義務を徹底する専門家に相談することからスタートしましょう。

 

 

裁判になったときに、家に知らせが来ていしまいバレることもなくなります。

 

 

もしかしたら理解してくれるかもしれない家族や同僚ですが、できれば信用は失いたくないものです。

 

 

街角法律相談所とは?

 

債務整理において全国対応しており、実績のある全国182件の法律事務所が参加している「総合法律相談所」になります。

 

参加法律事務所

  • 東京都港区〜リヴラ法律事務所
  • 東京都新宿区〜司法書士「山口花」新宿事務所
  • 宮城県仙台市〜STS法務司法書士法人
  • 埼玉県朝霞市〜司法書士・行政書士くすの木総合法務事務所

などなど182件

 

テレビやラジオでも有名な法律事務所も参加しています。

 

 

徹底的な秘密厳守対応

 

 

借金問題でのデリケートな部分を外部へ秘密にしたままでの
解決能力が高い法律事務所が参加しており

 

あなたに最適な法律事務所を無料シミュレーターにより見つけることも可能です。

 

自転車操業にハマってしまった方

長年、返済し続けているのに借金が減る様子がない

家族はもちろん、誰にも借金の相談ができない

催促の電話がそろそろかかってきそう

債務整理をしたいけれども、もう手持ちのお金がない

 

 

それぞれの状況にもよりますが、数100万単位での減額例も多数あります。

 

街角法律相談所シミュレーターを見てみる>>>

 

 

悩んでいる間にも借金は悪化していきます。
家族に内緒にするにも限界がやってきます。
今なら間に合うかもしれません。

 

 

借金が悪いことではありません。
借金をしてしまう環境が悪かったのです。

 

 

秘密のまま、整理して、早期のやり直しをはじめましょう。
たくさんの方々が毎月、新しくやり直しています。

 

 

もうダメ?支払い不能とは?

 

自己破産とは、自分から破産を申し立てるものになります。
債権者が申し立てるものではありません。

 

そのため、自己破産を申し立てる時には、破損してしまう原因をしっかりと説明しなくてはならないのです。
自己破産する為に執拗な破損の原因は、支払い不能状態にあるということになります。

 

 

家族に対して内緒の借金であるとしてもないとしても、
支払い不能になっている状態が重要と言うことになります。

 

 

支払い不能の状態とは、支払いの義務を持っている借金について支払いができない状態になってしまい、
返済できない状態が今後も長期的に続いてしまう可能性が高い状態をいいます。

 

 

ですが、支払い不能の状態においては、一般的な基準はないとされています。
債務者の職業や収入、年齢、性別、家族関係もしっかりと考慮して個別的に判断されることになります。

 

 

借金が多い場合であっても、高収入の場合や、収入を得る形のある技術を持っている場合、
将来に支払う収入が見込める場合、信用がしっかりとしている人の場合などでは、支払い不能とは言えません。
やり直しも十分にきく状態でもあります。

 

 

この場合、きちんと専門家に相談しつつ、しっかりとした返済計画を立てていくことが重要です。
もちろん家族内緒に借金返済の計画を立てることも重要です。

 

 

この場合、毎月一定額のお金が収入から減っていくことになるので、
その点の守秘バランスをとることが重要になってきます。

 

 

現在の月収と、借金の総額、年間における金利をある程度計算してみることが重要です。
元金と生活費を考えて、月収を越えるか越えないかが決め手になります。

 

 

自己破産をするかしないかの基本的な目安としては、
自分の力で3年以内に借金を返済できるかできないか
になります。

 

実際に自己破産を申し立てる時には、任意整理や、
調停等といった自己破産以外の借金の整理は諦めることになります。

 

 

家族に内緒で闇金で借りてしまった場合、

 

さらにコレを秘密厳守のまま解消したい場合、

 

まずは自己判断で動かず、専門家に相談することをオススメします。

 

 

借金取り立て行為を止めさせる方法

 

借金をしている状態で、1番心配になるのが借金の取り立て行為でしょう。

 

これを止めさせる方法はあるのでしょうか。

 

まず、自己破産の申告をした場合、
裁判所から債権者に連絡がゆくことになります。

 

話が通った後には、債権者は債務者から独自の判断で取り立て行為をしてはならないといった規定が
貸金業規制法の中に存在しているので、基本的には債権者の取り立ては止まることになります。

 

 

 

さらに、弁護士に依頼したケースでは破産申し立ての通知は弁護士が出すことになります。

 

一般的には、弁護士が自己破産の申し立てを依頼された場合、
貸金業者に対して、債務整理については、弁護士が依頼を受けたと言うことを債権者に連絡します。

 

基本的にはこの連絡の以降から、すべての連絡は弁護士宛にすることになります。

 

 

連絡は書面で行くことになりますが、この書面を貸金業者に確認してもらった時点で、貸金業者は独自の判断で直接的な取り立て行為ができなくなります。

 

 

 

これは破産申告をする前であっても一切の取り立て行為はできないということを意味します。

 

 

早い段階で、弁護士に依頼する事が、
精神、肉体的にもとても安全な方法となるのはこのためです。

 

 

弁護士に1度依頼した場合には、それ以降の全ての交渉は弁護士が行うことになりますので、
債務者が独自の判断で債権者と連絡を取り合うことが最も危険な行為となります。

 

 

弁護士に依頼するときには、家族に言うことができないことであっても、
包み隠さずしっかりと話をすることが重要です。

 

 

守秘義務をしっかりとした弁護士事務所も多いため、
全て打ち明けてしっかりと対処していくことが重要です。

 

 

 

 

<あとがき>

借金は気がついた時には大変な事になってしまうケースが多いです。
これは人間の現状認識能力の問題ですので、どのような環境で生きているのか?生きてきたのか?
この部分がとても大きいようです。
金額的に取り返しのつかない状態になっても、今の日本であればどうにかなることも多いでしょう。
ですが、家族の信用問題ともなると、修復にかなりの時間を必要とします。
内緒にすることも良心が傷むかもしれませんが、借金の事実が追わせるストレスもとてつもないものです。
できれば内緒で整理してあげるのも愛情でしょう。
借金をしてしまった過去はかわりませんが、これからの状況はどうにでも改善できます。
その為には、自分一人で背負い込むのでもなく、家族に背負わせるのでもなく、
第三者である専門家へ助けを求めることが必要になります。
多くの債務整理の場合、その整理段階で、裁判所からの郵便物などによって家族にバレてしまう事が多いです。
家族は理解してくれる事もあるかと思いますが、一家離散という状況もあります。
多額の借金であるからこそ、内緒で返済できるに越したことはありませんね。
ご自分で返済しきったのであれば、ただの借金ですから、将来的にいつか話を打ち明けても笑い話程度ですむかもしれません。
何もせず、利子だけで年月が過ぎてゆくのは精神的にもとても辛いことです。相談できる場所があのであれば、どこでも良いので1度相談してみる事をオススメします。その時、できるだけ実績豊富な法律事務所へ相談してみるようにしてくださいね。借金の状況や環境によって、その後の整理はいろいろな進み方をします。経験の多い法律事務所がベストです。

 

更新履歴