免責制度

借金がなくなる

免責制度とは、支払うことのできない借金の責任を免除することになります。
つまり、借金がなくなると言う事の意味です。

 

 

 

自己破産制度は、破産手続と免責手続きの2つの手続きをプロセスとして初めて意味のある制度となります。

 

申し立てる人の、90パーセント以上が免責されています。
そのため、提出期間をしっかりと厳守し、きちんと書類を作成しておけば問題なく免責はされるはずです。

 

 

 

破産宣告と同時廃止決定が決定され、今、免責手続き中であることが債権者に知れ渡ると、
債権者の多くは強制執行をしてくる事はほとんどないとされています。

 

 

 

無理な取り立てがストップするということを意味します。

 

 

 

免責決定が確定すると、ついに破産者でなくなります。

 

 

免責によって、借金の支払い義務も消失しますし、
資格の制限などからも免れることになります。
破産者名簿からも外されます。

 

 

 

しかしながら、免責が許可されない場合には、破産者としての身分が長く続いてしまう上に、
借金も残ったままになってしまいます。

 

 

 

このような状況になってしまった場合には、以下の2つの方法があります。

  1. 免責不許可の決定が官報に公告された後2週間以内に抗告を申し立てる方法
  2. 任意整理

債権者としても、破産宣告時に借金の回収を諦めている場合もありますので、
任意整理は比較的簡単になっています。

 

 

 

任意整理で借金をなくすことができれば復権することも可能です。

 

 

>>>家族に内緒の借金を【秘密のまま】何とかする方法!!

免責制度と自己破産の関係について記事一覧

借金をしている本人が自ら申した出る破産を自己破産といいます。自己破産をすると以下のようにいくつかの制約を受けることになります。自己破産申告後破産宣告を受けると、一定の資格や職業につけなくなるのと同時に不利益を受けます。しかしながら、これも破産宣告後、免除決定がなされるまでの辛抱です。免責が決定されれば一切の借金の支払い義務も比較制限もありません。財産の管理処分権を失うこともあります。これは破産管財...

自己破産は最終段階の借金整理法となります。このようなことから自己破産と言うと、借金が全てチャラになるといったようなイメージを持っている方も多いようです。ですが、あくまで自己破産は自分が借金を払うことができない状態にあると宣言することになります。自己破産を行っただけで借金がなくなると言うわけではありません。デメリットも存在します。借金の支払い義務もきちんと存在します。借金そのものをなくすためには、破...

いちど破産宣告を受けてしまうと、戸籍や住民票に記載されると持っている人がいますが、そんなことありません。あらゆる人権が無視されてしまうのではないか?人として終わりなのではないか?などと不安になる方も多いかもしれません。ですが、選挙権、非選挙権なども呈されることもありません。破産宣告の事実は、会社に知らされることもありません。もしこういった事実を会社側が知ることになっても、破産したことを理由に解雇す...

支払い不能とは、借主が借金を返済することができないことに加えて、これから先も返済できるめどが立たない状態にあること言います。支払い不能の状態になっていると言う事は、中でも自己破産をする場合に大切なことになります。自己破産を申し立てる事は、破産原因が必要になります。支払い不能の状態にあると言う事は破産原因の1つになっています。支払い不能の状態にない場合には、弁護士等の力を借りて、任意整理や個人債務者...

財産があるか無いかで破産手続きの流れは変化します。これはつまり、破産をするものが、不動産屋貯金などある程度の財産を持っている場合や、不動産などの財産を持っていない場合の自己破産です。一般的に、自己破産を申告する場合には、上記のどちらかの流れで手続きをすることとなります。ですが、ほとんどの場合自己破産する人は財産をほとんど持っていないということに当たります。ですが、このまま破産手続きを行ったとしても...