自己破産デメリット

認められるまでの間だけなのか?

自己破産は最終段階の借金整理法となります。
このようなことから自己破産と言うと、借金が全てチャラになるといったようなイメージを持っている方も多いようです。

 

 

ですが、あくまで自己破産は自分が借金を払うことができない状態にあると宣言することになります。
自己破産を行っただけで借金がなくなると言うわけではありません。

 

 

デメリットも存在します。借金の支払い義務もきちんと存在します。
借金そのものをなくすためには、破産を宣告した後にそのまま免責と言う法律上の手続きを取る必要があります。

 

 

自己破産とは、債務者の抱える借金が巨大になりすぎてしまい返済しきれないことを前提に、
破産を申し立てることになります。

 

 

これにより所持している家や土地などの全財産を債権者に渡し、
公平に分配してもらうことになります。

 

 

債務者がどのようにがんばってとしても、このままでは借金をとても払い切れないと言う場合に、
裁判所が公的な立場から、救済するというものです。

 

 

破損すると色々と変化が起きます、さらにデメリットも送ります。
まず破産宣告を受けると、債務者は破産者ということになります。

 

 

公的なイメージで考えれば、サラ金からの借金も返すことができないと言う状態にあると言うことを認めなくてはなりません。
また、過酷な取り立てをする事は法律によってできなくなります。

 

破産者は、あらゆる財産を全て渡さなくてはなりません。
デメリットとしては、何かと良くないイメージがつきまとうことにあります。
また、資格制限などもおきます。

 

ですが、これらのマイナス面も、免責が認められるまでの間です。
免責を確定することができれば、すべて以前の状態に戻すことが可能です。

 

資格が喪失する職種
  • 弁護士
  • 公認会計士
  • 税理士
  • 弁理士
  • 保証人
  • 司法書士
  • 社会保険労務士
  • 不動産鑑定士
  • 土地家屋調査士
  • 宅地建物取引業者
  • 公正取引委員会の委員
  • 商品取引所会員
  • 住宅金融公庫役員
  • 証券取引外務員
  • 生命保険
  • 警備業者
  • 国家公安委員会の委員
  • 教育委員会委員

など

 

行動の制限
  • 財産管理処分権の破棄
  • 勝手に引っ越しや旅行に行くことができない
  • 郵便物を勝手に見ることができない
  • 財産を隠すと捕まる
  • 裁判所や債権者集会で破棄までの経緯をしっかりと詰めする

 

 

関連ページ

自己破産したら?
自己破産について
破産宣告で戸籍や住民票に記載されるか?
破産宣告で戸籍や住民票の記載について
支払い不能とは?
支払い不能についての判断について説明してます。
財産有無と破産手続きの関係
財産有無と破産手続きについて説明しています。