財産有無破産手続き

2つの方法

財産があるか無いかで破産手続きの流れは変化します。

 

これはつまり、破産をするものが、不動産屋貯金などある程度の財産を持っている場合や、
不動産などの財産を持っていない場合の自己破産です。

 

 

一般的に、自己破産を申告する場合には、
上記のどちらかの流れで手続きをすることとなります。

 

 

ですが、ほとんどの場合自己破産する人は財産をほとんど持っていないということに当たります。
ですが、このまま破産手続きを行ったとしてもほとんど意味はないとされています。

 

このような状態の場合には、破産管財人を選出することなく、
破産宣告と同時に手続きを終えてしまうことになります。

 

 

これは同時廃止といいます。

 

 

またある程度の財産を保有している場合には、破産宣告と同時に破産管財人が選任されることとなります。
一般的に、破産管財人とは、弁護士と言うこととなります。

 

 

破産宣告を行うことにより、破産者の財産は破産財団と呼ばれます。
このため、破産者はこれらを勝手に処分することができなくなります。

 

 

それは直接生活に関わっている家財道具等であっても同じです。
破産管財人は裁判所の監督に基づき、財産をしっかりと管理し、
売却して現金に変換し債権者に対してきっちりとしたバランスで分配していくこととなります。

 

これは配当手続きといいます。

 

 

債権者は、破産手続き以外で勝手にお金を取り立てることができません。
また、勝手に家財道具等を差し押さえることができなくなります。

 

 

破産手続きが終了するまでには、ある程度の期間が必要となります。
一般的には1年と言われています。

 

トータルで終了するまでには数年単位でかかることが予測されます。

関連ページ

自己破産したら?
自己破産について
自己破産のデメリットは?
自己破産のデメリットや失う資格、自由など
破産宣告で戸籍や住民票に記載されるか?
破産宣告で戸籍や住民票の記載について
支払い不能とは?
支払い不能についての判断について説明してます。