自己破産

免責が決定されれば

借金をしている本人が自ら申した出る破産を自己破産といいます。

 

 

自己破産をすると以下のようにいくつかの制約を受けることになります。

 

 

 

自己破産申告後破産宣告を受けると、一定の資格や職業につけなくなるのと同時に不利益を受けます。
しかしながら、これも破産宣告後、免除決定がなされるまでの辛抱です。

 

 

 

免責が決定されれば一切の借金の支払い義務も比較制限もありません。
財産の管理処分権を失うこともあります。これは破産管財人に帰属します。

 

 

しかしながら、破産しようと持っているものに一定の財産がないと同時廃止の場合には、
破産宣告の際に持っていた財産の管理諸文献は失われません。

 

 

 

こういった事はきちんと調べていれば色々と分かってくるものですが、
漠然としたイメージで自己破産を考えている人にとってはかなり大きな問題と思えるようです。

 

 

確かにとても大きな問題にはなりますが人生をやり直すと考えればきちんと調べていることも大切かと思います。

 

 

自己破産で全ての権利がなくなるワケではありません。
時間的な成約は発生しますが、元の生活に戻ることは可能です。

 

 

 

やり直せるという視点で考えてゆく事が大切です。
しっかりとした情報を得て行動してゆきましょう。

 

関連ページ

自己破産のデメリットは?
自己破産のデメリットや失う資格、自由など
破産宣告で戸籍や住民票に記載されるか?
破産宣告で戸籍や住民票の記載について
支払い不能とは?
支払い不能についての判断について説明してます。
財産有無と破産手続きの関係
財産有無と破産手続きについて説明しています。