借金 金利 上限

払い過ぎを知る

借金における金利の上限を知らずに、いきおいで借りてしまう方が多いようです。
ここではしっかり借金金利の上限法律について把握しておきましょう。

 

利子制限法

お金の貸し借りについて発生してくる利子が有効なのか無効なのかの限度を定める法律

 

利子制限法は金利の最高限度額を決め、一定以上の利息の契約を禁じる異なります。
制限金利を超えてしまった分については利子契約を無効とすることとなります。

 

 

つまりこれを越えて支払ってしまった場合には、払い過ぎということがあります。

 

 

 

お金を借りるときには、まずはしっかりと金利を確認することが重要です。
借金整理をする場合には、ご自分の借金の額がどうなっているのかをしっかりと把握する必要があります。

 

 

借金でどうしようもなくなってしまう場合の典型的な例としては、
毎月借り入れては支払いに充てることを繰り返した、金利が金利を生み、
数年で何倍にも膨れ上がってしまうものです。

 

 

 

1カ所のサラ金などで、借りて金利が膨れ上がってしまうのであれば、
なんとか返済することも可能かもしれませんが、借り入れをどんどん起こし、
借金の範囲を広げていってしまうと、1人では手に負えなくなってきます。

 

 

 

精神的にも追い詰められていくことにもなりますので、
正常な判断が下せなくなってゆくことも考えられます。

 

>>>家族に内緒の借金を【秘密のまま】何とかする方法!!

借金金利の上限記事一覧

利息制限法の中でも、出資法ギリギリであれば業者は罰せられないことがあります。基本的に、出資法を超えると刑事罰則があるとされます。サラ金の金利は、利息制限法のほかに出資法と言う法律で規制されることになっています。利息制限法の最高金利には、元金によって3つの場合に分けられています。この状態の金利を取った場合には無効化されます。しかしながら、利息制限法には罰則 が存在しないため、銀行以外の業者もそれ以上...

現実的には多くの貸金業者が、利子制限法と出資法のグレーゾーンの範囲内で営業しています。貸主が、貸金業者登録業者の場合には、それが利息制限法に違反していた場合であっても、借金をしたものが自分で利息を払った場合には、本来有効にならないはずの金利であっても有効の支払いとみなされることになっています。これは、みなし弁済規定と呼ばれているのです。こういったことにより、業者は超過利息を借主に返さなくても良いこ...