出資法利息制限法

出資法ギリギリ

利息制限法の中でも、出資法ギリギリであれば業者は罰せられないことがあります。

 

 

基本的に、出資法を超えると刑事罰則があるとされます。
サラ金の金利は、利息制限法のほかに出資法と言う法律で規制されることになっています。

 

 

 

利息制限法の最高金利には、元金によって3つの場合に分けられています。
この状態の金利を取った場合には無効化されます。

 

 

 

しかしながら、利息制限法には罰則 が存在しないため、
銀行以外の業者もそれ以上の金利をとっているのが一般的になります。

 

 

 

出資法では、原則的に、年29.2パーセント以上の金利を越えて取ってしまうと刑事罰を受けることとなります。
つまり、サラ金の金利規制の場合、利息制限法による制限金利を超える事については契約上の無効となります。

 

 

 

 

これに加えて、出資法により定められている制限金利を越えて違反した場合には、
罰則が課せられると言うことになっているのです。

 

 

 

ですが、こういった規制の間を抜ける形で、
多くの業者は問題に問われない金利制限法の制限金利を超えているのに、
出資法で定められている金利の範疇内にあるギリギリラインに置いて貸し出し金利を設定している業者が多いのです。

 

 

 

ここにハマってしまい不本意な金利が膨れ上がっていってしますのです。
このパターンによって悪循環に陥る方も多いのです。

 

関連ページ

違法金利無効〜遅延損害金で違法な金利に?みなし弁済規定など
違法金利無効条件などについて説明します。