貸金業規制法違反

罰則適応の貸金業規制法違反とは?

取り立て行為それ自体は禁じられていません。
サラ金業者は、貸主を追い詰めて何とかお金を用意させようとします。

 

 

その中には、ドラマなどで見るように脅しの行為や、
法に違反するようなものが多いとされています。

 

 

特にいかに上げるような事項は、法律によって明白に記されている行為となります。
このような悪質な取り立ての罰則規定は強化されつつありますので、
もし違反行為があった場合には速やかに警察や監督行政庁に申し立てをする必要があります。

 

  1. 正当な理由がないのに、午後9時から午前8時までの間、その他適当な時間大に電話での連絡、直接的訪問をする行為
  2. 暴力的な態度や大声をあげたり、乱暴な言葉を使う
  3. 勤務先を訪問して、貸主、保証人等を困らせたり利益を与えたりする行為
  4. 法律上支払い義務のない者に支払い請求をしたり、必要以上に取り立ての協力を要求する場合
  5. 運転免許証、健康保険証、年金受給書などの生活に必要な証明書等を要求する
  6. 他の貸金業者からの借り入れや、クレジットカード等の使用により返済を要求する行為
  7. 白紙による委任状と印鑑証明書を要求
  8. 支払いが終わっているのに、サラ金業者が再度請求してきた場合

 

以上のような、行動をとられた場合には明らかに法律上何らかの違反があると考えられます。
速やかに近くの警察や監督行政庁に相談するようにしましょう。
法律相談所などでも大丈夫です。

 

関連ページ

悪質業者を見分ける5つの方法
悪質業者を見分ける方法について説明致します。