自己破産をしないで借金整理

借金整理

借金が膨らんでしまったからといって自己破産をすることだけが結論ではありません。
弁護士会や地方公共団体等の相談機関に行くことも重要です。

 

 

 

借金整理においては、破産法の知識などが必要になります。
そのためある程度専門的な知識を持っている人に相談する必要が出てきます。

 

 

 

一般的には弁護士に相談するのが良いでしょう。
知り合いの弁護士がいない場合には、まず、弁護士会や地方公共団体等の相談機関に相談しましょう。

 

 

 

早い段階でアドバイスを受けることが必要です。各法律相談事務所には、
簡単に行える匿名タイプのweb無料シュミレーションなども用意されています。
そういったものをうまく利用して早い段階でアドバイスを受けるようにしましょう。

 

 

無料で相談室が開かれている場合も多いので、ぜひ、積極的に利用したいものです。
弁護士会は各都道府県に存在しています。

 

 

そこで借金の整理法についてや、自己破産の方法についても相談が可能です。
ですが相談料はかかります。

 

 

クレジットやサラ金などで多額の借金を抱えてしまっている方のために特別の窓口を設けているところもあります。

 

相談するときの注意点

弁護士会や弁護士事務所の法律相談を受ける場合には、注意点があります。
現在抱えている借金の件数、借金の総額等包み隠さず相談することです。

 

 

どんなに借金の件数、借金額が多い場合でも、必ず解決する方法が存在するので、
弁護士には正直に話をすることが重要です。

 

もちろん弁護士には守秘義務がありますので、話が外部に漏れることはありません。
相談をする時に持っていきたいものとしては、

  • 借入先の一覧
  • 各借金額
  • 相談者の給与明細
  • 家計の収入状況

などです。

自己破産をしないで借金整理する方法記事一覧

借金を整理する方法には、裁判所の力を借りて行う方法と、それ以外の方法があります。その中でも、自己破産手続きは、支払い不能になってしまった状態なので、自分の力ではどうやっても借金を払うことができないと言う状態になってやっと使える方法となります。>>自己破産とは?そのため、支払い不能状態になっていない人の場合、別の方法を選ぶ必要があります。任意整理新整理とは、裁判所が一切介入しないで、貸主と借主が話し...