借金整理の方法

 

借金を整理する方法には、裁判所の力を借りて行う方法と、それ以外の方法があります。
その中でも、自己破産手続きは、支払い不能になってしまった状態なので、
自分の力ではどうやっても借金を払うことができないと言う状態になってやっと使える方法となります。
>>自己破産とは?

 

そのため、支払い不能状態になっていない人の場合、別の方法を選ぶ必要があります。

 

任意整理

新整理とは、裁判所が一切介入しないで、貸主と借主が話し合いをした上で借金整理を行う方法になります。借金整理の方法としてはこの方法がとても多く用いられていますが、複数の貸主と直接何回も交渉する必要が出てきますので、交渉にはかなりの時間と精神力を必要とします。一般的には弁護士に依頼して交渉してもらうのが良いでしょう。
>>家族や会社に内緒で借金整理したい方はコチラをご覧くだいさい

 

特定調停

特定調停とは、裁判所に介入してもらい、民事調停の場所で、新しく遠征計画を立てていくと言うものになります。新整理にて話し合いがこじれてしまったり、あまりにも借金額が膨らんでしまっていない場合に、分割返済についてしっかりと話し合う場所として有効になります。調停期間に入ると貸主からの取り立ては中止されます。調停申し立てから調停成立までに約3ヶ月ほどかかるのが一般的です。費用は、申し立ての時に、裁判所に提出する収入印紙代のみになります。印紙代の金額は、借金の総額によって異なります。

 

個人債務者民事再生

個人債務者民事再生とは、支払いが不能になってしまった債務者を助ける為の手続きとなります。申し立てを行った後、裁判所が、債権者を一括して取りまとめてくれるので、債権者は個別に債権を回収することができなくなります。債務者は自分で提出した再生計画によって再生の道を歩むことになります。