借金任意整理

借主本人がやったとしても上手くいかない

任意整理とは、貸主に対して交渉して借金を整理する方法になります。
第三者である弁護士に依頼するのが一般的であり、スムーズな方法になります。
個人での交渉は、まず通じないと考えて良いでしょう。

 

 

借金の額は多いのですが、親族がある程度のお金を用意できるというケースや、
返済条件を変更してもらったり、借金を圧縮さえすれば何とか残金を返済できるようなケースには、
任意整理を行うことが望ましいでしょう。

 

 

 

任意整理を行うときは、3年ほどで借金を返済しきれるかどうかが判断基準になります。
現在の収入と借金を比較して、3年程度で返済を終えることができるのかを考えてみる必要があります。

 

 

 

もし返済できないような場合は、支払い不能と言うことになります。
この場合は、自己破産を考える必要があります。
>>自己破産について

 

 

残念ながら任意整理は、借主本人がやったとしてもうまくいく事はありません。
必ず身内の親兄弟や親戚など、親しい人間の協力が必要になります。

 

 

また、任意整理は個人的な借金の整理法になるので、
裁判所などに手続きをする必要はありません。

 

 

弁護士に頼みそこに払う報酬が費用と言うことになります。
弁護士費用の一般的な相場としては、1業者について着手金2万円。
交渉がまとまると業者に置き、報酬として2万円が相場になります。

 

 

どれぐらいの業者から借金をしているかによって費用が変わってくるのです。

 

利息制限法を超える利子

借金を抱えている人の中には、利息制限法超えてしまっている大きな利息を払っている人がとても多いとなりますので、
既に支払ってしまっている利子を利子制限法の法定利息に引き戻し元本に当てると、かなりの借金額が減ることになります。

借金の任意整理記事一覧

借金の整理をするためには、借金の調査を行い、借金の総額を確定させることが重要です。まずは、弁護士の指導に従い、借主本人が今までの借金の内容を全てはっきりさせなくてはなりません。また、これから返済するにあたって当てることができる収入も明らかにする必要があります。これを債務調査といいます。借金に関する必要な書類から借金金額借り入れ年月日返済金額返済年月日利息を確定させます。利息制限法に基づいた計算をし...