特定調停申し立て

特定調停のメリット

特定調停とは、裁判所に貸主と借主が召喚され、
話し合いをすることにより解決に導く手段となります。

 

借金整理専門の民事調停です。

 

 

申し立ては、貸主の所在地での簡易裁判所で行うことになります。
調停を行う日には、調停委員が当事者間で話を聞き、話し合いがまとまれば、少々作成して完了となります。

 

 

当事者の間で合意に達しなかった場合、調停は成立しないということになります。
つまり、調停は裁判所が介入する借金解決の手段と言うことになります。

 

 

調停委員は民間人2人、裁判官1人で構成される調停委員会によって施行されることになります。

 

 

 

調停委員会は、利息制限法の金利に引き戻すことを目的とし、正当な金利額がどのくらいになるのか、
払い過ぎてしまった利息がどのくらいなのかを計算することとなります。

 

 

貸主本人の任意整理の場合には、業者からの取り立てが止まる事はありませんが、
調停の申し立てを行うと、業者からの貸主本人に対する催促や取り立てが止まると言うことになります。

 

 

調停を行う前提として、まず借入金額と返済のバランスをチェックする必要があります。
この状況は任意整理での債務調査と同じ作業になります。

 

 

一般的には貸主に対して資料を要求することになります。
貸主は、貸金業規制法で開示が義務付けられているのでこれに応じる必要があります。

特定調停申し立て記事一覧

特定調停を申し立てる場合には、原則として貸主の住所を管轄する簡易裁判所に申し立てることになります。申し立てをするときに、提出する調停申し立て書は、相手が複数の場合には、それぞれ作成する必要があります。ですが、裁判所によっては、1つの申立書に複数を明記しても受け付けを認めてくれる場合もあります。申立書の、申し立ての趣旨と言う部分には、借金額を確定し、具体的な返済方法などを記入し特定調停の方法により調...