同時廃止と管財事件

財産の価値

破損を申告するときに、一般的には、残っている財産を債権者に分け与えるために、
破産管財人が選出されます。そして、あらゆる財産などの処分が行われることになります。

 

 

しかしながら、債務者が貸金業者に対して分け与えるだけの財産を所持していない場合、
そして破産管財人に破産手続きをお願いする費用も支払うことができない場合、
破産宣告と同時に破産手続きが完了することになります。これを同時廃止といいます。

 

>>破産宣告したら?

 

 

>>自己破産しないで、借金整理するには?

 

実際、破損を申告する人のほとんどが同時廃止手続きを取るとされています。
同時廃止手続きをとる場合の財産の金額ですが、数十万円といった状態が多いようです。

 

 

一般的に、地方裁判所によっては、違いが出てくることもありますが、
一般的には100万円に満たない場合には、同時廃止になる場合が多いされます。

 

 

また、同時廃止の場合は、管財事件とは違って、財産を分配することを行われません。
数十万円と小額になりますが、破産を申告したものは財産を処理することが可能になります。

 

 

さらに、同時廃止では、自分の判断で転居することができないといった制限はありません。

 

 

不動産を所持している場合には、管財事件となることが基本になりますが、
借金の総額があまりにも大きい場合には、同時廃止になる可能性が大きくなります。

 

 

財産がどのぐらいあるかどうかを判断するには、所持しているものの換金価値によって見られます。
処理しているもので、売りに出した時に売値が50万以上あるものに関しては財産になり、管財手続になる可能性があります。