借金の取り立て

自分の状況を知る

債務者の場合借金を回収するためにいろいろな手を使ってきます。

 

 

これは借りているのだから仕方の無いことだと泣き寝入りしてしまう事も多いですが、
どんな状況であろうとも法に触れることはできない事になっています。

 

 

 

当社の中にはとても荒っぽいことをして職場や家庭に取り立てに来る場合があります。

 

 

こういった事はテレビなどでもよくご存知のことかと思います。

 

 

 

そこで借金業規正法をはじめとする法律や通達等で悪質な業者の取り立て行為は禁止されています。
取り立てがあまりにもひどいようであれば弁護士や監督行政庁に相談してみる必要があります。

 

 

 

こういった事はあまり恥ずかしいからといって我慢している事はなくなるべく早く申し出ることが大切です。

 

 

 

何事も取り返しのつくうちに早めに相談してみることが重要だといえます。
かといって手遅れになるという事は今の日本ではあまり考えられないかもしれません。
勇気を出していちど相談してみることをお勧めします。

 

 

出来る限り秘密厳守で行いたいと考えるのは人情かと思います。
現在では完全に秘密のまま完済や整理を行うことも可能になっています。

 

 

問題が大きくなる前に一度、専門家に相談しつつ、ご自分の状況を把握しておきましょう。