夜逃げ

結局、堂々巡り

あまりにも借金が増えてしまって夜逃げや蒸発を考える人がいます。
ですが債権者はあらゆる方法で追求してきます。

 

 

日本の社会の作り上逃げる事はかなり難しいとされています。
情報のネットワークが細分化されている為、逃げ切ることはとても難しいでしょう。

 

 

法律上借金の支払い事務は免れません。

 

 

 

さらに転居先で住民登録ができないため選挙権の行使、
国民年金や児童手当の受給もできない不都合が考えられます。

 

あらゆる綿で自由がきかなくなります。
精神的にも常に脅かされる事にもなります。

 

なによりも
一時的に逃げたところで結局のところ同じ状態に戻ることが考えられます。

 

現在はこういった相談に乗ってくれる地方事務所がたくさんあります。
もちろん、情報の秘密は守られます。

 

 

ご自分ひとりで考えずしっかりとした相談相手に相談することが大切になってきます。
借金問題は必ず解決ができますのでひとりで考えていないことが大切です。

 

 

逃げてしまっても結局のところ同じ状態に戻るだけと覚えておきましょう。

 

 

未来の事を考え、真摯に借金問題に向きあえば、打開策はあります。
まずは専門的な意見を聞くところから始めましょう。