借金整理相談

4つの方法

借金であまりにも日常生活が困難になってきた時それでも1人でずっと考えている方が多いかと思います。

 

 

 

近所に対してのイメージもありますし会社に対しての思いも強いかと思います。
ですがそのままにしているとドンドンと問題は大きくなっていきます。

 

 

 

自分の身内がサラ金やクレジット会社から多額の借金を抱えていることを発見した人や
自分が多重債務者だと言う自覚のある人は、冷静に判断できる人に相談することが必要です。

 

 

 

借金の整理をする場合や、保証人などが入る場合には、家族に必ず事情を打ち明けておきましょう。

 

 

 

直接電話をして相談することも必要かもしれませんが、
最近ではネット上で債務整理のチェックをできるものもあります。

 

 

そういったところを利用していちど自分の状態を確認してみることも必要かと思います。

 

 

 

借金を整理をするのにもいろいろなやり方があります。

 

 

基本的な方法として、
任意整理と特定調停、個人債務者民事再生手続、自己破産の4つがあります。

 

 

ここ最近では任意整理と自己破産が比較的多く利用されているということになります。

 

 

自己破産は、支払い不能でなければできないので借金の額が支払い不能になるほど高くでない場合、
保証人が入るので自己破産の申告をしたくてもできないような場合には、
特定調停や個人債務者民事再生手続きを申し出るのが一般的なります。

 

 

任意整理による交渉がうまくいかないときには、
裁判所による特定調停や個人債務者民事再生手続きを利用する方法もあります。

 

 

何れにしてもきちんとした手続きを踏んで問題を解決することに努めれば解決できない問題ではありません。
まずは自分の状態をしっかり把握して適切な行動とることが大切です。